スポーツハラスメントZERO協会

スポーツにおけるハラスメントゼロをめざして

アドバイザー

Jリーグチェアマン退任に際して、理事であった佐伯夕利子さんの助言を得て、暴力や暴言、差別などに断固として反対していく趣旨のリリースを出しました。 今回再び一緒にこのテーマに取り組めることに運命を感じています。
勝つことが最も価値があるとされてきたスポーツの世界では、目標達成の中で見過ごされ、我慢を強いられてきた部分も少なくないと思っています。 一方でスポーツが社会に与える影響力はとても大きい。 スポーツ界でハラスメントゼロを目…
スポーツは自由を謳歌し、楽しむためのものです。ハラスメントは人を萎縮させ、抑制します。 日本のスポーツからハラスメントを無くして、スポーツに関わる全ての人の可能性が開かれる未来を作っていきましょう。
社会と教育をまたぐ存在であるスポーツからハラスメントを一掃できれば、あらゆる人権侵害との決別が加速化し、豊かな社会形成の醸成に繋がると信じます。 民間の知財と機動力が結集したZERO協会を全力で応援します。
バスケットボールによって多くの人に出会い、育ててもらって、私の今があります。 スポーツは、感情を伴う高度な知的活動であり、ハラスメントは脳の活動に大きな影響を与えます。 スポーツで感動し、スポーツに関わるすべての人々がス…
産業界では近年、人権実施水準が大幅に引き上げられています。 職場での暴力・ハラスメントはILO190号条約等によって、人権事案として明確に禁止されており、スポーツ界も同様です。本協会の活動を支持致します。
スポーツは、健全な精神と体を育む素晴らしい場であり、誰もが安心して楽しめるべきものです。 スポーツハラスメントゼロの取り組みは、その理念を実現するための重要な一歩だと考えます。 全ての参加者が尊重され、安心して競技に取り…
誰かを傷つけたり、自分だけが居心地が良い中で手に入れる楽しさも勝利も、本物ではない。スポーツにおける/を通した人権侵害をなくし、スポーツが個人の尊厳をまもる自由な遊びの世界になることをめざしたい。スポハラゼロの未来に向か…

賛同人

近畿大学ラグビー部監督

神本 健司

シュートボクシング / 初代シュートボクシング女子フライ級王者

高橋 藍

ラグビープロキックコーチ / 茨城県キッズラグビーアカデミー運営 / アスリートコーチ

君島 良夫

2011年ラグビーW杯日本代表キャプテン / ブリングアップ アスレティックソサエティー代表

菊谷 崇

NPO法人ワイルドナイツプロモーション理事長

三宅 敬

株式会社ネットラーニング執行役員 /バルセロナ五輪テコンドー日本代表

高橋 美穂

ラグビー選手

村上 愛梨

ボクシング女子世界五階級制覇王者

藤岡 奈穂子

FIFA審判インストラクター

深野 悦子

元日本プロサッカー選手会会長

高橋 秀人

元サッカープロフェッショナルレフェリー

家本 政明

元ラグビー日本代表

野澤 武史

関西学院大学 人間福祉学部教授

溝畑 潤

一般社団法人スポーツを止めるな 共同代表

最上 紘太

プロ車いすランナー

廣道 純

おしらせ

全て読む>>

2024年07月05日

災害防止大会で「講演」

【講演】 7月4日(木)、元ラグビー日本代表でもある当会理事・平尾剛が、大阪ガス協力会社 安全衛生協議会主催「第58回災害防止大会」にて、講演を行いました。 「組織・チームを活性化するには-リーダーシップとハラスメント-…

2024年06月21日

青山学院大学にて、講義とグループワーク

2024年6月5日(水)、当会の代表理事・谷口真由美が、青山学院大学(東京)にて、約60名の学生のみなさまへ向けて講義を行いました。 「スポーツにおける子どもと人権」をテーマに、スポーツハラスメントに関するグループワーク…

2024年04月16日

メディア掲載

4月16日の毎日新聞・朝刊「ひと」欄で、代表理事・谷口真由美を取り上げて頂きました。 ぜひ本日の毎日新聞朝刊・Web記事をご覧いただき、スポーツハラスメントZEROに懸ける私たちの想いを感じてください。 https://…