スポハラZERO協会の世界観を感じてもらいたい――。
その思いから、「スポーツハラスメント検定の初級」を想定したサンプル問題をつくりました。
ぜひトライしてみてください!

第1問

大切にされたい。

大切なものを奪われたくない。

そんな「あたりまえ」を、私たちにもたらしてくれるものは何でしょうか?
 
あなたの考えに最も近いものを教えてください。


  1. 自由
  2. 社会的地位
  3. 人権

解答は

→あなたの考えを尊重します。
スポハラZERO協会の回答は、私たちの中心的価値でもある4番「人権」です。

第2問

空欄【???】に入る選択肢はどれでしょうか。

「私たちスポーツハラスメントZERO協会の心がまえのひとつに『裁(さば)かない』があります。

加害者は、かつての被害者だったかもしれません。被害者が、加害者になってしまうこともあります。

私たちは、人が『良い』『悪い』ではなく、ハラスメント【???】と『構造』にアプローチしていく団体です。」

                        
  1. (ハラスメント)をする人
  2. (ハラスメント)という行為
  3. (ハラスメント)を容認するチーム
  4. (ハラスメント)を容認する統括団体
  5.                         

解答は

→正解は2番「(ハラスメント)という行為」でした。
スポハラZERO協会は、ハラスメントという行為と構造にアプローチします。

第3問

想像して答えてください。

「あなたは小学5年の子どもを持つ親です。

ある日、我が子が1年通ったスポーツ教室を『やめたい』と言いました。

理由は、コーチから長いあいだ『バーカ』と言われ続けてきたからだそう。

コーチに確認すると『コミュニケーションの一環。悪気はありません』と説明されました。」

この時、あなたの考えに最も近いものを教えてください。

  1. 社会はもっと厳しい。「バーカ」くらいはガマンしなければならない。
  2. 「バーカ」は人の尊厳を傷つける行為。スクールの環境を改善する必要がある。
  3. あまり騒ぎにしたくない。私たちがガマンすればいいことだ。
  4. コーチの言葉も悪いが、「バーカ」と言われる方も悪い。

解答は

→スポハラZERO協会の回答は2番です。

第4問

空欄【???】に入る選択肢はどれでしょうか?

「1979年、スウェーデンは世界で初めて、法律で『体罰』を禁止しました。

 その後、体罰を支持するおとなが減りました。

 なんと1965 年の「53%」から、2006 年には【???】になりました」

  1. 7%
  2. 17%
  3. 27%
  4. 37%

解答は

→正解は1番「7%」でした。
出典:https://www.savechildren.or.jp/work/protection/ECP_Manual.pdf

第5問

空欄【???】に入る選択肢はどれでしょうか。

「あなたはこの世界でたったひとりの、たいせつな存在です。

 うまくプレーができなくても、みんなと同じことができなくても、あなたは尊重されなければなりません。

 日本国憲法でも『【???】として尊重される』とあります。」

  1. 集団
  2. 家族
  3. 共同体
  4. 個人

解答は

→正解は4番「個人」でした。

初級のサンプル問題は以上です。
スポーツハラスメント検定・初級は、2024年夏に開始予定です!